10月6日|MTM x Time Out Tokyo Series: Tokyo Music Lounge
10月6日|MTM x Time Out Tokyo Series: Tokyo Music Lounge
10月6日|MTM x Time Out Tokyo Series: Tokyo Music Lounge
10月6日|MTM x Time Out Tokyo Series: Tokyo Music Lounge
10月6日|MTM x Time Out Tokyo Series: Tokyo Music Lounge
10月6日|MTM x Time Out Tokyo Series: Tokyo Music Lounge
10月6日|MTM x Time Out Tokyo Series: Tokyo Music Lounge
10月6日|MTM x Time Out Tokyo Series: Tokyo Music Lounge

10月6日|MTM x Time Out Tokyo Series: Tokyo Music Lounge

Regular price
$13.00
Sale price
$13.00
Regular price
Sold out
Unit price
per 

DATE

October 6th, 2023 (Friday)

TIME

OPEN    18:00 
START   19:00

PLACE

FabCafe TOKYO, Shibuya
Open in Google Map

TICKET
PRICE

ONLINE             ¥ 2,000
DOOR                ¥ 2,500
MTM Member     ¥ 0

MTM Member’s Coupon Code
231006TOT

 

【LINE UP】

  LIVE 
  Tama Tsuboi
  David Cairol - from France
  Tachyon Musician KENTA HAYASHI
  Sofozor (DJ)

  ART
  Fidget & Jak (Sentient Rash) - from UK

 

About This Event

Time Out Tokyo partners up with More Than Music in booking enjoyable artistry for all to enjoy in a relaxed fashion. This month catch both great live music and works of art from around the world with Jak and Fidget from the UK and David from France.

ライフスタイル雑誌の「Time Out Tokyo」と音楽と美術のキュレーターチーム「More Than Music」が作り上げる、誰もが気軽に楽しめるイベントを企画!
今月はイギリスからくるJakとFidgetが手がけたアートの展示、フランスからくるDavidと、国内で活動しているTama Tsuboiの演奏をお楽しみいただけます。

Artist information


Tama Tsuboi

The outstanding technique and gentle, passionate voice of Tama Tsuboi are not bound by any genre of music and resonate with people of all ages channeled through songs laced with sadness and nostalgia. His song compositions trancend their Latin, R&B, and Reggae roots with the potential to spread beyond Japan and garner attention world wide. 

1991年ニュージーランド/オーランド生 NZ→ネパール→日本で育つギタリスト&シンガーソングライター。 Paco de Lucía(フラメンコ・Jazzギタリスト)に魅せられて13歳からギターを本格的に始める。ジャンルにとらわれない卓越したテクニックと優しく情熱的な歌声=切なさと懐かしを秘めた楽曲は幅広い年齢の心に響く。 Tamaの魅力ある歌唱はそのままにDTM(打ち込)と生演奏を融合させたLatin/R&B/Reggaeジャンルを超えた楽曲の魅力は、日本に終わらず世界に拡がる可能性を秘める。 ※2012年SHAMANZ(World music)結成。メインヴォーカル・ギター・コンポーザーとして現在も活動中。

 

—————————


David Cairol

A singer, songwriter and performer David Cairol is a traveller, poet and musician who beautifully plays with words. No matter what the language, french or english, what is important to him are messages and people he meets. 

シンガーソングライターでありパフォーマーでもあるデヴィド・カイロルは、旅人であり、詩人であり、言葉で美しく遊ぶミュージシャンでもある。彼にとって重要なメッセージ出会った人々についてフランス語と英語を使い、表現します

—————————

Tachyon Musician KENTA HAYASHI

18歳で単身渡米。ハリウッドのMusicians’ Institute卒業後、カリフォルニアを中心に8年間アメリカで音楽活動を展開。
2011年に帰国しソロ活動を開始。

ループペダルを駆使し、その場で一音一音を重ね1人でオーケストラの様な壮大なサウンドを創り上げる。

2015 年からワールドツアーを開始し世界35ヵ国で幅広く演奏を行っている。
ハンガリーのOZORA’19, イギリスのGlastonbury’17やFUJI ROCK ’16出演は印象深く、Rollingstone誌でFUJIROCK’16おすすめ邦楽アーティスト5選に選ばれ話題を呼んだ。

地球全体、そして宇宙からインスピレーションを受けたハイブリッドでジャンルレスなサウンドは世界各国で幅広い層の人々から熱い支持を得ている。


2020年初頭ヨーロッパツアー中にスロベニア、リブリャナのニューエナジータキオン社にて体も楽器もタキオン化完了。

新生タキオンミュージシャンとして生まれ変わり「愛と光を音楽で世界に届けるヒーリングプロジェクト」を始める。

タキオン化されたギターを使い432Hzやソルフェジオ周波数のヒーリングソング、そして432Hz惑星シリーズをリリース。

Official Website: http://kentahayashi.com/

—————————

FIDGET (Sentient Rash) - from UK

'Artist, Performer, Odd Person." Working with many mediums such as costumery, photography, painting, sculpture & digital drawing (to name a few) Fidget has been making and selling singular work for the last decade. Fidget explores anthropomorphism & psychedelia through creating 3D fetishwear & creature transmogrification. Creating new supernatural beasts who are as aluring as they are unsettling. 'Finding beauty in what others find disturbing is where I find meaning in life'

「アーティスト、パフォーマー、変人」 コスチューム製作、写真撮影、絵画、彫刻、デジタルドローイングなど、多様な技術とメディアを扱うFidget(フィジェット)。過去10年間、独自の作品を制作・販売してきました。Fidgetは3Dフェティッシュ・ファッションや生物の異形化を通し、擬人化やサイケデリアを探求します。彼女の魅力的で不気味な超自然的な獣達は美しさを見出します。 「他人が不快に感じるものの中に美を見出すことが一番の生き甲斐なのです」

—————————

JAK (Sentient Rash) - from UK

Jak found his love for drawing during music tours in the mid 2010's. Putting pen to paper began as a way to spend the downtime but as the pages got filled Jak realised he had found a exciting new way to consider the systems of reality & express the more abstract recesses.

Jak works mostly with the smallest available fine-liners to explore universal life-cycles, the comedy of futility, the phenomena of nature & cathartic scenes of psychedelic pandemonium. His works usually in- cludes a lot of heavy detail which means that it sometimes takes him a very long time to finish a piece. So far the biggest has taken him 350 hours. He has been making art alongside his musical projects for some time now, however limited edition prints are available to purchase for the first time exclusively from Sentient Rash.

音楽でも活躍する Jak は、2010年代半ばに企画されたツアー中に絵を描く楽しさを覚える。暇つぶしから始まった芸術への旅は、ペンでページが埋められるにつれ、現実のシステムや抽象的な領域を表現する新しい方法を模索するようになった。

Jakは細かい線を重ね続けてる方法で、普遍的なライフサイクル、無益なコメディ、自然現象、混沌的な視覚や色彩による感情的な浄化など、様々なトピックを探求する。彼の作り出すアートは繊細なディテールを用いる技術なため、一つの作品を完成させるのにすごく時間がかかることが多い。一番大きな作品には350時間を費やしたこともある。今までは音楽のプロジェクトと並行してアートを制作してきたが、初めてSentient Rashから限定版のプリントを購入することができるようになった。

 

 Location】