1月7日| Electroman vol. 1
1月7日| Electroman vol. 1

1月7日| Electroman vol. 1

Regular price
$18.00
Sale price
$18.00
Regular price
Sold out
Unit price
per 

【Lineup】

Nao Right Now

DJ Luke Hobbs
 

 

【詳細|Details】

日付|Date:1月7日 (土)・January 7th
時間|Time:18:00 - 23:00
場所|Venue:Kagurane, Kagurazaka
値段|Price: ADV ¥2800・ DOOR ¥3500 ・ FREE for Members

 

 

MTM Member’s Discount Code: "230107KR"
 * クーポンコード記入欄に入れてチケットの購入をお願い致します。
 * Make sure to tap “Apply” after entering the code above.

 メンバーになって無料・割引のチケットを入手したい方はこちらをご覧ください!
If you're interested in becoming a member for free and discounted access to events around Tokyo check it out here

 

【Electroman について|About Electroman  


Electromanでは、More Than MusicとEmergency Oxygenが東京のアンダーグラウンドなエレクトロニックミュージックシーンのベストをお届けしています。ダンスミュージックからダウンテンポ、エレクトロハウスやドラムンベースまで、このイベントシリーズは多彩でエレクトリックなパーティーをお約束します!   

With Electroman, More Than Music and Emergency Oxygen bring you the best of Tokyo's underground electronic music scene. From dance music to downtempo through electro house or drum and bass, this event series will be a guarantee for an eclectic - and electric - party!


 

【演奏者|The Music】  

 

Emergency Oxygen

人生という名の飛行機が墜落しているとき一番に必要となるもの。運命の終わりや差し迫った危機を忘れさせてくれる何かとは… 緊急用酸素「Emergency Oxygen」である。 酸素を吸い込むと肺がアップテンポなビートで満たされ、ヘモグロビンと結合し、電子ドラムのような爽快感に包まれる。副作用として体は勝手に動き始め「踊る」という行為が止まらない。ボルテージの高いリズムとレーザーの光に合わせ、酸素は空間の隅々まで広がり、生の火花を散らす。 東京を拠点に活動をするフランス出身のエレクトロ/ハウス・プロデューサー「Emergency Oxygen」 ダフト・パンク、ジャスティス、カヴィンスキーに影響を受け、ライブ演奏のたびに部屋を燃え盛る炎でいっぱいにする。酸素を供給したり、奪ったり… 観客は彼のなすがまま。 あなたもきっと、Emergency Oxygenに救われる。

 

As the airplane we call life is going down we all need some Emergency Oxygen, something to make us forget the impending doom, the imminent crash. As you catch your first breath of it your lungs fill up with up-tempo beats, you feel invigorated as it binds with your hemoglobin, pumping on the electronic drum. Dance is an unavoidable side effect, when the voltaic rhythms build and the lasers flash the oxygen expands into any space, ready for a spark.

This Tokyo based French electro/house producer influenced by Daft Punk, JUSTICE or Kavinsky fills up any room with enough energy to ignite a blazing fire every time you see him live; however he also knows how to turn down the flame to a pleasant candle light. like bellows, supplying and depriving oxygen, audiences are at his mercy.

Let yourself be saved by Emergency Oxygen.
 


 

Paris Death Hilton

2016年1月にKUBA(electronics)と高橋ケ無(drums/electronics)により結成。ラップトップとドラムというフォーマットにも関わらず、クリックや同期演奏を使用しない肉体的なライブパフォーマンスが話題となる。
「エクスペリメンタル・ハードコア・シミュレーター=ハードコアをシミュレートする」というコンセプトの元、Ableton Liveを楽器として極限まで拡張することでバンド・フォーマットにおけるエレクトロニック・サウンドの方法論を新たに構築した挙げ句、パリス・ヒルトンに訴訟を起こされることを目標としている。
都内を中心に地方や台湾でのライブを重ね、2020年4月に満を持して1stアルバム「Age Of Death」をリリース。
2021年1月、Maison MIHARA YASUHIRO 2021AWコレクションへ楽曲提供。
2022年4月「Marry Me EP」をリリース。

This electrified duo of experimental rockers will blow your mind with their high energy fusion of rock and beats. They have been blowing up live houses in Tokyo since 2016, explosions guaranteed! 




Nao Right Now

東京を中心に活動し、セッションバンド、ミクスチャーバンドを経て10年以上のキャリアを持つ。現在はソロ「Nao Right Now」の他、バンド「MÉLANGE」、「218」で活動。
2020年 より一時休止していた音楽活動を再開。「SYNK-W-EE」「RAP MARUYAMA」「JURIUS」「MC Mystie」「DJ SOUL-T」「Tonal」、海外においては NY から「Cal Combs」、イスラエルの「Yonas K Beatz」等のベテランアーティストとのコラボレーションをしている。


Based in Tokyo, Japan, more than 10 years of career as Talkbox Player, after working with Jam session and Mixture band. Currently active as "Nao Right Now" (solo) and "MÉLANGE" (band), "218" (band).
2020, Nao Right Now re-started the musical activities as professional, and collaborating with great and skilled artist such as "SYNK-W-EE", "RAP MARUYAMA", "JURIUS", "MC MYSTIE", "DJ SOUL-T", "Tonal", "Cal Combs", and "Yonas K Beatz".




【Location】