4月14日|MTM Pick-up: MTM X MOONROMANTIC
4月14日|MTM Pick-up: MTM X MOONROMANTIC
4月14日|MTM Pick-up: MTM X MOONROMANTIC
4月14日|MTM Pick-up: MTM X MOONROMANTIC
4月14日|MTM Pick-up: MTM X MOONROMANTIC
4月14日|MTM Pick-up: MTM X MOONROMANTIC
4月14日|MTM Pick-up: MTM X MOONROMANTIC
4月14日|MTM Pick-up: MTM X MOONROMANTIC
  • Load image into Gallery viewer, 4月14日|MTM Pick-up: MTM X MOONROMANTIC
  • Load image into Gallery viewer, 4月14日|MTM Pick-up: MTM X MOONROMANTIC
  • Load image into Gallery viewer, 4月14日|MTM Pick-up: MTM X MOONROMANTIC
  • Load image into Gallery viewer, 4月14日|MTM Pick-up: MTM X MOONROMANTIC
  • Load image into Gallery viewer, 4月14日|MTM Pick-up: MTM X MOONROMANTIC
  • Load image into Gallery viewer, 4月14日|MTM Pick-up: MTM X MOONROMANTIC
  • Load image into Gallery viewer, 4月14日|MTM Pick-up: MTM X MOONROMANTIC
  • Load image into Gallery viewer, 4月14日|MTM Pick-up: MTM X MOONROMANTIC

4月14日|MTM Pick-up: MTM X MOONROMANTIC

Regular price
$19.00
Sale price
$19.00
Regular price
Sold out
Unit price
per 

【Lineup】

Astrohelix x Kohei Kondo
SHAMANZ
NOKKI


【詳細|Details】

日付|Date:4月14日 (木)・April 14th
時間|Time:OPEN 18:00・START 18:30
場所|Venue:Aoyama Moon Romantic
値段|Price: DOOR  ¥3,500・ADVANCED  ¥3,000・¥1,000 for Members 

 

メンバー向けディスカウントチケットは「220414MTMMR」をクーポンコード記入欄に入れてチケットの購入をお願い致します。
Members can redeem their discount ticket at payout using the discount code '220414MTMMR' 

メンバーになって無料・割引のチケットを入手したい方はこちらをご覧ください!
If you're interested in becoming a member for free and discounted access to events around Tokyo check it out here



【MTM Pickup とは|About MTM Pickup】

“MTM Pickup” は、More Than Music が主催していない東京のクリエイティブシーンの中で最も注目すべきイベントを取り集め、私達が一番オススメしているイベント情報を発信します。

MTM Pickup is a series to highlight other great events in the Tokyo scene that MTM did not organize. 

 

 

【演奏者|Musicians】

Astrohelix

三味線奏者「寂空」(ジャック)、ギタリスト「ジャイ」、進化型ヒューマン・ビートボクサー「REATMO」(リトモ)という、ソロアーティスト3人が結成したアベンジャーズ的ユニット。 エレキ三味線と数々のエフェクターを駆使して、新世代の三味線サウンドを切り開く寂空は、自身がリーダーを務めるバンド「The Shamisenists」で世界的に活躍。 ソングライター、スタジオミュージシャンとして数多の楽曲で凄腕ギタリストの実力を発揮する一方、サーフィンで自然と溶け合うなかで本質的なものを深く探究し、独自の音世界をつくりだすジャイ。 REATMOは、独自のライヴループ+エフェクター機材によって声とヒューマン・ビートボックスだけで楽曲を生み出すのみならず、そこにDJ/トラックメイカー的な手法で自らの楽曲のサウンドを組み合わせる、唯一無二のサウンドクリエイター。世界各国でツアーを重ね、その手法と演奏はMaroon 5Linkin Parkのメンバーも絶賛する。 「三味線奏者」「ギタリスト」「ヒューマン・ビートボクサー」という肩書きではおよそ形容しきれない3者の化学反応。その記念すべき生ライヴを披露!

Have you ever heard of ensemble of Shamisen, Guitar & Human Beatbox? 3 solo artists, Shamisenist JACK (寂空), Guitarist GIAN and Human Beatboxer REATMO, teamed up to bring unprecedented music to the earth in 2022. The name of that dream team is “Astrohelix”. Their limit is not the sky. They will talk you all to cosmic journeys of sounds you have never experienced before.

 

Kohei Kondo 近藤 康平 (ライブペインティングパフォーマー/絵描き)

1975年生まれ。鳥取大学大学院連合農学研究科卒業 森林学を学ぶ。
ライブペインティング、服飾ブランド提供、書籍装丁、CDジャケット舞台美術、各種セレモニーでのライブペインティングなど、様々な「絵」のジャンルで活動をしている。2020年画集「ここは知らないけれど、知っている場所」(月とコンパス)刊行その活動は国内各地のみならず台湾、NYと広がっている。茨城県取手市在住。

ライブペインティングでは様々なミュージシャンの演奏に即興で絵を描いていくのを特徴としている。40分前後の時間で、音楽に反応/同期しながら、巨大なキャンバスに手の平をつかいものすごい速度で,何度も景色を塗りかえていくパフォーマンスは「このようなライブペインティングはみたことがない」「映画をみているようだった」と好評を得ている。また手元で1曲につき1枚描きそれをプロジェクターで投影するスタイルも得意とする。

His performances use painting improvised in accordance with musicians' performances. While responding & synchronizing with the music, he uses the palm of his hands to paint directly on to large canvases. He also has a style of drawing one song per song at hand and projecting it with a projector.Audience members often remark "I have never seen painting done live as a performance" or "it felt like I was watching a movie." He is active in various music festivals, music venues, theaters etc.

 

SHAMANZ

ニュージーランド生まれのフロントマン"TAMA TSUBOI”が率いる、湘南エリアを中心に活動する多国籍バンド。ジャンル・人種をクロスオーバーさせながら、Latin/Reggae/Acoustic Rockをベースに情熱的なサウンドを繰り広げる。TAMAの哀愁漂う歌声とメロディーは子供から年配の方まで人々の心を踊らせる。

Shamanz is a multinational band led by New Zealand-born frontman "TAMA TSUBOI”. While crossing over genres and races, Shamanz develops a passionate sound based on Latin / Reggae / Acoustic Rock. TAMA's exquisite voice and melody make people's hearts dance.

 

nokki

nokkiREPRESENT NORTH横浜、RAPPER、TEPPAN TV ORGANIZER、お好み焼き屋まいまい店主今年35周年を迎える【お好み焼きまいまい】の店主であるが、ラッパーとしても20年を超すキャリアのベテランMCという顔も持つ。知る人ぞ知るレジェンドクルー【空海】のMCとして当時からヘッズを唸らせてきた実力派。現在はKKPのMCとしても知られ、ソロ活動、さらにはビートメイクまでもこなし、精力的にライブ、楽曲制作を行なっている。「NEVER LEAVE ME ALONE」など、心に突き刺さるようなリリカルな楽曲から、「BEER」のようなパーティーチューンまで幅広くカバーするスタイルはまさに網目のない鉄板である事は、ヘッズならすでにご存知だろう。リリックにも定評があり、『負けとお好み焼きはひっくり返せ』などの数々の名パンチラインを生あみ出し続けている。近隣地域の人に愛され、またお世辞にもアクセスが良い場所ではない立地の中、人柄と味で多方面からも足繁く通うお客の耐えない店を構え、そして何より彼の動向を注視せずにいられないのは、その長年のキャリアの中でも一度も止まることなくアップデートされ続けるラップスキルと、歳を重ねる毎にアルコール許容値がうなぎ登りな大器晩成型飲酒キリングマシーンとして、横浜北部エリアに今日も堂々と鎮座している。

REPRESENT NORTH Yokohama, RAPPER, TEPPAN TV ORGANIZER, owner of Okonomiyaki Restaurant Maimai. He is also the owner of Okonomiyaki Maimai, which celebrates its 35th anniversary this year, and a veteran rapper with a career spanning more than 20 years. Currently known as MC of KKP, he is also active as a solo artist and beat-maker, and is energetically performing and producing music. Heads already know that his style of covering a wide range of music from piercing lyrical songs such as "NEVER LEAVE ME ALONE" to party tunes such as "BEER" is truly an iron plate without a mesh! He has produced the famous punch line, "Losing and okonomiyaki are upside down." He is loved by people in the neighborhood, and although the location is not flattering for accessibility, his personality and taste have attracted people from many directions to his restaurant, "Okonomiyaki Maimai," which is still frequented by customers today. His rapping skills have never stopped over his long career, and his alcohol tolerance level has been increasing with age, making him a drinking machine that sits proudly in the northern Yokohama area today.

 

 

 【Location】