11月11日|Electroman Vol.6: Shingo Nakamura, Emergency Oxygen, HELLO1103, Luke Hobbs
11月11日|Electroman Vol.6: Shingo Nakamura, Emergency Oxygen, HELLO1103, Luke Hobbs
11月11日|Electroman Vol.6: Shingo Nakamura, Emergency Oxygen, HELLO1103, Luke Hobbs
11月11日|Electroman Vol.6: Shingo Nakamura, Emergency Oxygen, HELLO1103, Luke Hobbs
11月11日|Electroman Vol.6: Shingo Nakamura, Emergency Oxygen, HELLO1103, Luke Hobbs

11月11日|Electroman Vol.6: Shingo Nakamura, Emergency Oxygen, HELLO1103, Luke Hobbs

通常価格
$18.00
販売価格
$18.00
通常価格
売り切れ
単価
あたり 

DATE

November 11th, 2023 (Saturday)

TIME

OPEN  18:00 
FINISH  23:00

PLACE

Kagurane, Kagurazaka
Open in Google Map

TICKET
PRICE

ONLINE             ¥ 2,800
DOOR                ¥ 3,500
MTM Member     ¥ 0

MTM Member’s Coupon Code
231111KR

 

【LINE UP】

  Special Guest - Shingo Nakamura
  Emergency Oxygen
  HELLO1103

  Luke Hobbs (DJ)

 

About This Event

More Than Music と Emergency Oxygen が作る新たなエレクトロシーン「Electroman」東京のアングラを楽める新シリーズはダンスミュージックからダウンテンポ、エレクトロハウスやドラムンベースまで、多彩でエレクトリックなパーティーをお届けいたします。 

With Electroman, More Than Music and Emergency Oxygen bring you the best of Tokyo's underground electronic music scene. From dance music to downtempo through electro house or drum and bass, this event series will be a guarantee for an eclectic - and electric - party!

Artist information


Shingo Nakamura 

Shingo Nakamura is a Tokyo-based producer and DJ. Hailing from Ibaraki (Japan), Shingo is especially known for a progressive house style that blends deep and lyrical sounds with classical piano.

Growing his footprint beyond a dedicated fan base in Asia, he has performed sold-out shows at regarded venues in the US, including San Francisco's beloved Audio SF and New York's National Underground. Shingo's debut album, 'Sapporo' (Monstercat Silk), reached #1 on Beatport’s Progressive House Chart, followed by his second album, 'Days' (Otographic Music) which reached the top of Beatport’s Progressive House and Trance Charts.

His discography also boasts records with tastemakers like Jody Wisternoff and James Grant on the prolific Anjunadeep imprint. Shingo’s highly-anticipated 2021 album, ‘Glow’ (Monstercat Silk), received widespread acclaim with multiple singles peaking at #1 on SiriusXM Chill, followed by album-themed guest mixes on world-famous radio shows, “A State of Trance” and “Group Therapy.” Shortly after, Shingo performed a continuous live mix of ‘Glow’ on a boat in Tokyo Bay, which has since received over 500k views on YouTube. The album’s sweeping success caught the attention of Grammy-nominated producer and composer BT, who contributed an official remix of Shingo’s single, “Darling Midnight,” to his ‘Glow (The Remixes)’ EPs.

He performed at Tomorrowland in Belgium in 2023. Shingo has cemented himself as one of the world’s leading talents in the melodic and progressive house space. Further proof of his respected artistry across the music industry, Shingo was recently selected to help launch Spotify’s new ‘DJ Mixes’ global initiative.

Shingo Nakamuraは東京を拠点に活動するプロデューサー、DJである。彼はディープで叙情的なサウンドとピアノを融合させたProgressive Houseで知られており、アジアでの熱狂的なファンだけでなく、サンフランシスコのAudio SFやニューヨークのNational Undergroundといったアメリカの有名な会場でソールドアウトのライブを行うなど、世界中のファンから支持されている。

Monstercat Silkからリリースしたデビューアルバム「Sapporo」はBeatportのプログレッシブハウスチャートで1位を獲得。Otographic Musicからリリースしたセカンドアルバム「Days」もBeatportのチャートの上位にランクインした。また、彼のリリースには、AnjunadeepのJody WisternoffやJames Grantといった著名なアーティストとのコラボレーションも含まれる。

2021年6月にはMonstercat Silkからサードアルバム「Glow」をリリースし、複数の曲がアメリカの大手ラジオ放送局である「SiriusXM Chill」で1位を獲得。Armin van Buurenの「A State of Trance」や、Above & Beyondの「Group Therapy」といった世界的に有名なラジオショーにゲストミックスを提供するなど、広く称賛された。また、東京湾の船上で撮影された「Glow」のLive Mixは、YouTubeで50万回以上の再生回数を記録した。このアルバムの成功は、グラミー賞にノミネートされたプロデューサー、作曲家であるBTの目に留まり、Shingoのシングル「Darling Midnight」には彼のリミックスが提供された。

2023年にはベルギーで開催されたTomorrowlandに出演するなど、Progressive Houseにおける重要人物の一人として確固たる地位を築いている。また、Spotifyがスタートした「DJ Mix」シリーズの立ち上げに携わったことも、音楽業界における彼の注目度の高さを証明している

—————————


Emergency Oxygen 

人生という名の飛行機が墜落しているとき一番に必要となるもの。運命の終わりや差し迫った危機を忘れさせてくれる何かとは… 緊急用酸素「Emergency Oxygen」である。 酸素を吸い込むと肺がアップテンポなビートで満たされ、ヘモグロビンと結合し、電子ドラムのような爽快感に包まれる。副作用として体は勝手に動き始め「踊る」という行為が止まらない。ボルテージの高いリズムとレーザーの光に合わせ、酸素は空間の隅々まで広がり、生の火花を散らす。

東京を拠点に活動をするフランス出身のエレクトロ/ハウス・プロデューサー「Emergency Oxygen」 ダフト・パンク、ジャスティス、カヴィンスキーに影響を受け、ライブ演奏のたびに部屋を燃え盛る炎でいっぱいにする。酸素を供給したり、奪ったり… 観客は彼のなすがまま。

あなたもきっと、Emergency Oxygenに救われる。

As the airplane we call life is going down we all need some Emergency Oxygen, something to make us forget the impending doom, the imminent crash. As you catch your first breath of it your lungs fill up with up-tempo beats, you feel invigorated as it binds with your hemoglobin, pumping on the electronic drum. Dance is an unavoidable side effect, when the voltaic rhythms build and the lasers flash the oxygen expands into any space, ready for a spark.

This Tokyo based French electro/house producer influenced by Daft Punk, JUSTICE or Kavinsky fills up any room with enough energy to ignite a blazing fire every time you see him live; however he also knows how to turn down the flame to a pleasant candle light. like bellows, supplying and depriving oxygen, audiences are at his mercy.

Let yourself be saved by Emergency Oxygen.

—————————


HELLO1103

An electronic music duo composed of Hitomi (Trackmaker/Engineer) and yukako (VJ/Visual Creator). Their digital but organic sound are accompanied with visuals that depict subconscious imagery, creating an extraordinary space. Based in Tokyo, the duo is active both domestically and internationally. 

From July 2019, Hello1103 commenced the ambient set which includes a collection of tranquil tracks. As with their conventional performances, this new set is being received positively at various venues. In 2021, they started a new live set “Hello1103 Live: VR Experience”. By installing VR headsets in livehouses, they turned ordinary live spaces into brand new world which we have not seen. Audience are surrounded in vast, sometimes surrealistic VJ world, like travelling all over the world.

Other than VJ work for their own performances, the band has offered visual effects for many musicians including mouse on the keys. The band also offers consultation for visual systems at live venues.

ハローイチイチゼロサン。Hitomi (Trackmaker/Engineer)、yukako (VJ/Visual Creator)による電子音楽ユニット。有機的なデジタルサウンドに潜在意識を具現化するような映像表現を組み合わせて超常的な空間を表出させる。 

ライブ会場での表現に重きを置いており、通常のライブセットのほか、ライブハウスで楽しむVRライブや、立体音響とライブを合成したイベントを展開。新しい技術を用いた近未来の音楽を実践する。2019年より、通常のライブセットからスピンオフする形で静謐な美しさに特化したAmbient Setを開始。翌年にはAmbient Setの楽曲を集めたミニアルバム『aruhi』をリリースし、好評を博した。<br>2021年にはVRワールドの自由さとライブハウスの迫力ある音響を融合させたイベント「Hello1103 Live:VR Experience」を開催。さらに立体音響とライブを合成した「irreversible」を開催するなど、新しい技術を貪欲に取り込んだ挑戦的な試みを続けている。

VJとしてはmouse on the keys、SuiseiNoboAzなど多数のアーティストのライブ映像演出を手がけるほか、エンジニアとして吉祥寺NEPOの映像演出システムを構築した。