7月20日|MTM x BAROOM Presents: EN - Sarah Kang, FiJA
7月20日|MTM x BAROOM Presents: EN - Sarah Kang, FiJA
7月20日|MTM x BAROOM Presents: EN - Sarah Kang, FiJA
7月20日|MTM x BAROOM Presents: EN - Sarah Kang, FiJA
7月20日|MTM x BAROOM Presents: EN - Sarah Kang, FiJA
7月20日|MTM x BAROOM Presents: EN - Sarah Kang, FiJA
7月20日|MTM x BAROOM Presents: EN - Sarah Kang, FiJA

7月20日|MTM x BAROOM Presents: EN - Sarah Kang, FiJA

通常価格
¥6,500
販売価格
¥6,500
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込

日付

2024年 7月 20日(土) 

時間

1st Session: OPEN  15:30 / START  16:00
2nd Session: OPEN 19:00 / START  19:30

会場

Music Bar & Hall BAROOM, 南青山 
Googleマップで開く

チケット

一般チケット(各セッション)           ¥ 6,500
MTM メンバー 価格 (各セッション)    ¥ 4,500

MTM Member’s Coupon Code
240720EN

メンバーのチケット購入方法
MTM メンバーシップとは? (MTM イベントパス)


【LINE UP】

  LIVE
    Sarah Kang
    FiJA

  DJs
    Luke Hobbs
    Takahiro Saito
     

About This Event

「EN」

円になる。縁がある。宴(えん)と書き、ウタゲと読む。
様々な読み方を持つこの言葉に共通する意味が一つある。
「人と繋がる」
人が生きて行く中で必要となるもの。
人が生きていく中で避けることのできないこと。

人との繋がりや「縁」を大切にしている私達が出会ったのは、南青山にある会場のBAROOM。丸く作られた素敵な会場の中心にステージが置かれ、その周りに円形に席が並び、会場全体が作られている。

この特別な会場に招いたのは選び抜かれた最高なアーティストたち。
ここで出会う人や音に心を動かされます。

 

アーティスト詳細

◾️ Sarah Kang◾️

サラ・カンはニューヨークを拠点に活動するシンガーソングライター。
その音楽スタイルはジャズ、R&B、ポップを見事に融合させたもので、思慮深い歌詞と暖かく心地よいボーカルが特徴です。韓国で生まれ、ロサンゼルス、シカゴ、ダラスで育った彼女は、幼少期からピアノとフレンチホルンを演奏していましたが、プロのミュージシャンになるとは想像もしていませんでした。移民家族の中で育った彼女にとって、クリエイティブなキャリアは現実的な選択肢として提示されることはなく、ただの夢物語に過ぎませんでした。

しかし、2017年に最初のオリジナル曲集「Fair Weather」をクローゼットで録音し、家族や友人たちの励ましを受けて発表した後、音楽教師の仕事を辞め、フルタイムのミュージシャンとしての道を歩む決心をしました。2019年には、クラウドファンディングのKickstarterキャンペーンを通じて資金を集め、Takahiro Izumikawa、Dan Song、Andrew Kimと共に制作したデビューEP「One」をリリースしました。

2020年には、毎月1曲ずつリリースするというチャレンジを自らに課し、その7月に発表した「Summer Is for Falling in Love」がSpotifyで1300万回以上のストリーミングを達成し、彼女の代表曲となりました。この曲は、ネスプレッソ、ユニクロ、LGの広告や韓国ドラマ・テレビ番組でも使用されました。2021年には、プロデューサーのPatrick Hizonと共に、よりソウルフルでR&B色の強いEP「maybe i’m better now」をリリースしました。

2022年には、初のフルアルバム「how i remember」を発表し、Spotifyのプレイリスト「Retro Pop」や「Next Gen Singer-Songwriter」のカバーに登場しました。彼女の楽曲「end credits」はSpotifyの「New Music Friday」プレイリストにも取り上げられました。

サラは、自分を「常にノスタルジックな人間」と表現することが多く、時にはまだ過ぎ去っていない瞬間に対して先取りするようなノスタルジアを感じることもあります。そのため、彼女の作詞作曲には時代を超えた普遍性があり、思い出を喚起し、親密な物語を伝え、人生の儚さを思い起こさせると同時に、未来への希望も感じさせます。彼女の音楽が、夕日や大切な人を抱きしめる瞬間など、人生の美しさを感じさせる小さな瞬間にリスナーがしっかりと目を向けられる手助けとなることを願っています。

—————————

◾️ FiJA ◾️

都内在住シンガーソングライター。アメリカ留学でのゴスペル聖歌隊経験から日本帰国後も Soul, Funk, R&B に入り込み、現在は都内中心に弾き語り始め、アコースティックやフルバンド編成だったりと、様々な形でソロ活動中。またキーボーディスト別所和洋率いるNeo Soul/Jazz/R&Bバンド「パジャマで海なんかいかない」、そしてトランペッター黒田卓也率いるアフロビート大編成バンド「aTak」でボーカルとして参加しており、時にはソウルフルに、時には繊細にと、個性溢れる声とそのアーティスト性で様々な音楽シーンで活動を広げている。

—————————

◾️ Luke Hobbs ◾️

煙に包まれた舞台からDJ Luke Hobbs が姿を現すと、彼の音楽は群衆に魅了される一方で、あなたもその魔法に取り憑かれます。彼のセットはまるで有機的な響きをキャンバスに映し出すかのようであり、その芸術性はまさに前衛的と言えるでしょう。Luke Hobbs は音楽をその根源から捉える術を心得ており、その結果、大胆なディスコ、ロック、そして偶発的なトライバルが絶妙に融合されるのです。その魅力に引き込まれ、あなたは自然に身を委ねるのです。

—————————

◾️ Takahiro Saito ◾️


会場について


■ BAROOM|バルーム ■

「日本コロムビア」をはじめとした貴重なレコードコレクションを有するヴィンテージオーディオのミュージックバーと、ライブイベントを開催する円形ホールが共存する空間。